観光業の成長とパートタイムの仕事

[ivcs] Type: article [/ivcs] 観光庁の統計によると、昨年日本を訪れた外国人旅行者は過去最高の3119万人に達しました。2014年が1341万人だったので、僅か4年で倍以上に膨れ上がったことになります。何故これほどまでに飛躍的に増加したかはこちらを参考にしていただければと思いますが、政府は東京オリンピック開催の2020年に4000万人という外国人旅行者の訪日を目標としているので、この増加傾向は今後も続いていくことになるでしょう。 観光業の成長に伴い増加するパートタイムの仕事 この好調な観光業の成長に伴い、当然国内の観光業に関わる仕事は増加します。特に観光業というものは、季節によって繁忙期間があるため、その時期だけ働いてもらうことができるパートタイム労働者への依存度は大きくなります。また飲食業などは、忙しい時間帯が特定の時間に偏るため、その時間だけ働いてもらえるパートタイムへの需要が必然的に高まることになります。 またオリンピックなどの瞬間的な観光客の増加が期待できるイベントも、その開催時期だけ労働力が必要になるので、その労働力は当然パートタイムということになります。こういった事情から、観光業はその成長の大きな部分をパートタイムによる労働力に頼らざるを得ないのです。 このように観光業とパートタイム労働力は、密接な関わりがあります。パートタイムとして働くことを希望する労働者は観光業界に需要があること、また語学スキルなどはとても大きな武器になるということも言えるでしょう。

見直されるパートタイムのお仕事

[ivcs] Type: article [/ivcs] バブル崩壊とともに、労働者の「労働」に対する意識は変化してきました。終身雇用を前提とした企業への忠誠心というものは、もはや過去のものになってしまったのです。明日自分を首にするかもしれない企業に、または明日そのものが解散するかもしれない企業のために、自分自身の人生を捧げて働くことが意義のあるものだとは思えなくなってしまったということです。その意識の変化に伴い、働き方も変化していきます。 自分の、そして家族のために 先に述べた働くことに対する意識の変化は、幸せとは何か?を考えることに、日本人の意識を向かわせるようになりました。その結果、自身の趣味、娯楽や、家族と一緒に過ごすことを重視し、仕事以外のことに時間を多く充てるようになっていったのです。こちらのサイトで昨年の働き方改革関連法案成立前に行われた「転職活動で応募する企業を選ぶとき志望度が上がりそうな働き方改革に関連する制度」についてのアンケートで、上位に「テレワーク(在宅勤務含む)」や「有給休暇取得の促進」、「時短勤務」などが入ったのは、フルタイムで働く労働者にとっても、仕事以外の時間を増やしたいという欲求が高いということの証明でしょう。 そのような考えから自発的にパートタイムの仕事を選択する、という労働者は増えつつあります。経済的な問題もあるので劇的に増えることはないでしょうが、今後も望んでパートタイムの仕事を選択する人は増えていくのではないでしょうか。

正社員を目指すために

[ivcs] Type: article [/ivcs] 企業、労働者どちらにもメリットがある「正社員登用制度」 正社員になることに不安を抱えている人は多いと思います。自分が続けていけるような仕事なんだろうか。会社の雰囲気はどうなんだろうか。残業が多かったりしないのだろうか…。 そのような方にとって一度アルバイトやパートとしてその会社に入り、自分の将来を実際にその会社の中でイメージできるかを確認することは、その不安を打ち消すのに大いに役に立つことでしょう。 そういった需要の増加に伴って、現在アルバイト/パートから正社員にステップするための制度、「正社員登用制度」を採用している企業はとても多くなっています。この制度は労働者側だけでなく、企業にもメリットがあります。実際働いてもらって、その企業への適応力を確認できるからです。新卒で採用してすぐに退社されると、人事計画やコストという面でも大きな損失があるので、むしろ企業の方にメリットがある制度かもしれません。 納得し正社員になる 新卒で企業に入社したはいいが、聞いていた話と違う。会社の雰囲気が合わない。残業が多すぎる、と退職者は企業を去っていきます。しかしアルバイトやパートから始めれば、その辞めていく理由のほとんどを前もって確認できます。リスクなども全て納得して正社員になるのと、あとからリスクがわかるのでは会社を続けていくための心構えに差が出るに決まっています。今後のためにもこの「正社員登用制度」のある企業でアルバイトやパートを行うのは、とても魅力的なことなのです。

働くのは自分のため

[ivcs] Type: article [/ivcs] 仕事とプライベートの両立 仕事はいったい誰のためにするものでしょうか?そうです、自分自身のためです。しかし仕事をしているとその大前提を忘れがちになってしまいます。もちろんそれも理解できます。自分の抱えるクライアントに迷惑をかけたくない。会社の仲間が残業しているのに自分だけ帰宅するわけにはいかない。そういった気持ちを持つのは、むしろ自然です。ただ、そのために最も大事な自分自身をないがしろにしたら本末転倒です。 人生を楽しむために 世界保健機関(WHO)が2015年に発表した日本における人口10万人中の自殺率は、19.7人で世界で18番目に高いものでした。警察庁の「自殺統計」によると、理由のトップは健康問題で、これが仕事に関りがどれほどあるかは難しい問題ですが、不明を抜かした2番目の経済的問題、3番目の家庭問題、4番目の勤務問題は、仕事と密接に関わっています。 しっかりと仕事をし、経済的な安定を得て、そしてプライベートも充実させるのが理想です。もちろん自殺には「うつ病」などによる衝動的なものも含まれますが、そもそもうつ病自体が仕事やプライベートの問題から発生することが多いわけです。つまり満たされた生活がないと、人間は死を選択するほど追い詰められてしまうことがあるということです。 そうならないためにも仕事とプライベートのバランスを調整しなければなりません。もちろん簡単な事ではありませんが、大前提を忘れてはいけません。仕事は自分自身のためにおこなうものです。人生を楽しく、有意義なものにするためにも、バランスへの配慮を決して忘れてはいけないのです。

余暇の過ごし方

[ivcs] Type: article [/ivcs] 人によって違うリラックスの仕方 仕事で疲れてやっと来た休日の時間、あなたはどう過ごしていますか?ネットでこちらのサイトhttps://luckynikicasino.com/のようなオンラインゲームに熱中する人もいれば、近くの公園に散歩をする人もいるでしょう。競馬場のようなだだっ広い空間でギャンブルを楽しむことでリラックスできる人もいれば、友人と飲みにいきくだらない話で盛り上がることでリラックスできる人もいるでしょう。そうです、リラックスの仕方は千差万別、人によって違います。大事なのは仕事をしていない空いた時間は、リラックスするということです。 リラックスした余暇を過ごし仕事へのエネルギーを作る 仕事はエネルギーを使います。営業なら売上のことを常に考えなければいかないですし、開発なら新しい、そして売れる商品のアイデアを常に探し回っていることでしょう。管理職なら、部下のことで色々気にかけなければならないですし、それこそ経営者なら、社員の生活を背負っているという事実は、とてつもないストレスとなっているでしょう。そういったものを短い余暇の間にいったん消化して、新たに働くためのエネルギーを作らなければいけません。でなければ人生は仕事でただ疲れるだけの味気ないものになってしまうでしょう。 また「日本人は遊びまでも真面目に取り組む」と言われるように、余暇で疲れてしまう人がいます。バーベキューの準備を完ぺきにこなそうと却って疲れてしまったことはないですか?忘れてはいけません、余暇はあくまでリラックスです。それが仕事とのバランスをとるための一番の方法なのです。

仕事探しのちょっとしたコツ

[ivcs] Type: article [/ivcs] アルバイト/パートを探すとき、それこそ沢山の求人情報の中から仕事を探さなければなりません。それらは余りに多すぎて、しばらく探しているとぼーっとしてきて、しまいには「もうなんでもいい」や、と適当に仕事を決めてしまって後で後悔した、なんて方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にインターネットで仕事を探すときのアドバイスをしたいと思います。 条件を明確にする インターネット上には求人情報サイトが本当に沢山存在しています。こちらにそれらをまとめたサイトがありますが、ここにあるだけでもかなりのサイト数に昇ります。そんな数のサイトから、それぞれに星の数ほどの求人募集があるわけです。それを考えるだけでもうげんなりしてしまいそうです。まともに全ての求人募集なんて目を通していたらいつまでたっても仕事になんて就けません。そうならないためにも必要なことは、まず条件を明確にするということです。 自身がどうしても譲れない、仕事をするにあたっての条件というのが必ずあると思います。時間であったり、場所であったり、職種であったり、個人個人によってそれは違うと思います。それを曖昧にせず明確にする必要があります。そうするとほとんどの求人情報サイトに付いている条件の入力機能を有効に使えるようになります。各々のサイトで、自分が決めた条件を打ち込めば、その情報に適った求人情報だけを選んでくれるのです。こうやって自身の条件に合う求人情報だけを集め、検討すれば、仕事探しの時間もぐっと短縮できるのです。

バイトを探そう、簡単に!

[ivcs] Type: article [/ivcs] インターネットの登場は私たちの生活そのものを大きく変えました。店頭に行かなくても物を購入することができ、お店の開店時間や休日を気にする必要がなくなったのです。そしてそれは仕事探しも同じです。以前のように朝早くからハローワークに行き、長い列で自分の番が来るのを待つ必要がなくなりました。毎週発行される求人情報誌の発売日を待つ必要もなく、企業が募集をかけたときにオンタイムで募集条件をインターネットで確認できるようになったのです。 募集する側にも優しい「インディード」 「インディード」という求人サイトがあります。こちらのサイトは、求人広告を載せる側が料金を支払う必要がありません。無料で求人広告を載せることができるのです。そのため零細企業や個人経営のお店等のバイトやパート募集広告が多く集まっています。求人する側はより多くの選択肢の中から仕事を選ぶことができ、また募集する側は経費を削減できる。まさしくWin-Winな求人募集サイトなのです。 ハローワークも簡単に もちろん、以前のようにハローワークを利用したい、と思われる方も多いでしょう。公共機関で長い間培った実績がありますので、信頼されるのもわかります。実はハローワークはインターネット上でも利用できます。実際の出向いて閲覧できる求人広告と同じものを、インターネット上で簡単に閲覧できるのです。インターネット上で確認した求人募集を、電話でハローワークに詳細を確認したり相談したりすることもできるので、以前よりもより気軽に利用できる環境が整ったと言っていいでしょう。

このブログについて

[ivcs] Type: article Special: aboutus [/ivcs] このブログはアルバイト、パート、そして派遣業務のような、パートタイムでの仕事を選択する人たちを応援するために作成されています。2018年6月に日本国政府が成立させた「働き方改革法案」によって、今までの日本における労働そのものが見直されるようになってきています。フルタイムの正社員として働くことが「よし」とされてきた日本が、個人や家族の幸せと、労働とのバランスをとることで生産性をあげ、より幸福な社会へ近づけようという考え方に変わってきているのです。 パートタイムの仕事の重要性 そのために必要なのが「時間を作る」ことです。時間がないということは、家族と過ごす時間も、自己啓発にかける時間もないということです。これでは個人の幸せは達成できず、労働意欲の低下を招き、非生産的な社会へとつながっていきます。そのためにはパートタイムの仕事というものが重要になります。パートタイムの給料が上がれば、時間も作れ、そのプライベートも充実できます。パートタイムの仕事が家庭でできれば、赤ちゃんが泣いたときには仕事を離れ、あやすこともできるようになります。 多様な労働環境のためのインフラは進みつつありますが、その情報は多すぎて受け取る側も消化しきれていないのが現状です。そんな現状を変えるための一助になれれば、と願っています。

アルバイト・パートだ!「働く」を楽しむんだ!

[ivcs] Type: article Special: frontpage [/ivcs] 続く良好な雇用環境 つい先日、総務省による2018年労働力調査が発表されました。これによると正規、非正規雇用者どちらも前年より増加していて、2014年から続く雇用増加トレンドが現在も続いていることがわかります。そんな良好な雇用環境のなかでも、雇用者全体に対する非正規雇用者の割合は、現在の水準の高さになった2013年以降ほとんど変わらず、4割に迫る数字で高止まりしています。この数字はいったいどう解釈すればいいのでしょうか? 定着した働き方の多様性 新しい働き方として「フリーター」という言葉がもてはやされたバブル期以降、この言葉はむしろネガティブな意味合いを持つものになっていきました。正規雇用者として働く能力のない者、正規雇用者としての責任や労働時間を全うしたくない者等、社会的に十分な労働力を提供しないものとしての意味合いです。しかし本当にそうなのでしょうか?いえそうではないのです。非正規雇用を望む者たちは、日本人が戦後復興期からバブル期を通して失った「人間性」へのアンチテーゼなのです。人としての人生を楽しむために、その人にあったバランスを希求した結果が非正雇用だった、というだけなのです。 非正規の仕事をポジティブに取り組む そうであればアルバイトやパート、派遣社員といった先の保証がないといわれる仕事にもポジティブに取り組むことができます。そして現代はそのように多様な労働の選択が可能な時代なのです。そのような「自分で自分の人生を選択する」方々のために、このサイトはご協力させていただきたいのです。

「テレワーク」で時間の有効活用

[ivcs] Type: article [/ivcs] テレワークが変える日本の労働事情 インターネットの普及と共に、職場に足を運ばなくても仕事ができるようになる。だいぶ前からこのような予想は色々なメディアで取り上げられれていました。そのように通信技術を利用し、時間や場所を有効活用して仕事をする方法を「テレワーク」と呼びます。海外の調査では、2016年の時点で世界の在宅勤務者の割合はもう既に38.8%にも達しているとのことです。同じ調査では2020年には42.5%にまで達するという予想もされています。ただここ日本ではその普及は遅れていて、総務省が発表した「通信利用動向調査」では、テレワークの導入率は平成27年末でまだ16.2%にしか過ぎませんでした。 国を挙げて推進するテレワーク しかし、政府は2018年にテレワークを推奨する「働き方改革法案」を成立させました。これに伴い、総務省、厚生労働省、国土交通省、経済産業省の各省庁が連携を図り、その推進のための取り組みを発表しています。総務省のHPではテレワークの意義・効果を、幾つか挙げていますが、その一つに「ワーク・ライフ・バランスの実現」を挙げていて、家族と過ごす時間、自己啓発などの時間増加、子育て環境の実現のためにこのテレワークは有効だと述べています。 国の後押しを受けて成長するこのテレワークという労働スタイルは、もちろんパートタイムで働く人たちにも影響していきます。パートタイムの人たちの悩みとして、給料が少ないというものがありますが、テレワークのおかげで通勤時間などの時間を労働時間に当てれるようになるため、そのような問題の解消にもつながっていくのです。

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top