ブラックジャック【Blackjack】とは?なぜそんなに人気があるの?

ブラックジャックは、カジノゲームの中で最も人気のあるテーブルゲームです。

海外のランドカジノ、オンラインカジノのどちらでも人気はあります。

ルールの基本も簡単で、ディーラーが自分自身とプレイヤーにカードを配り、手持ちのカードの合計数が「21」に近い方が勝ちというゲームです。

ブラックジャックのルール自体の基本は簡単ですが、プレイの仕方でエキサイティングに楽しめることもできます。

オンラインカジノでプレイするブラックジャックは、ランドカジノとはまた違った「自宅に居ながら世界中のプレイヤーと対戦」できるのでおすすめです。

ブラックジャック【Blackjack】の魅力

世界中のカジノプレイヤーに人気があるブラックジャックですが、その魅力とはなんでしょう?

最初の魅力は他のゲームにはない「高いペイアウト率」です。だれだってカジノをプレイするなら「儲かりたい」、「稼ぎたい」のが普通です。そして、ペイアウト率が高いということは「稼げる」ということになります。しかもこのゲームは、ただ「稼げる」だけではありません。そして次に「高い戦略性」です。ブラックジャックの基本ルール自体は簡単なのに、様々なアクション(スプリットやダブルなど)や戦略を取り入れる事で、無限の楽しみ方を生み出す事ができます。お金の面だけではなく、ディーラーと真剣にゲームを勝負をしているような感覚になれます。まさに「勝負事が好きな方」にはピッタリのゲームです。

ブラックジャック【Blackjack】の遊び方

ブラックジャックのルールは基本的シンプルです。(ブラックジャックの別名:21)

ディーラーとプレイヤーにカードが配られ、手札の合計値がより「21」に近く、かつ「21」を超えない方が勝ちというカードゲームです。

<ブラックジャックカードゲームの基本ルール>

  •  ディーラーとプレイヤー全員に2枚ずつカードが配られる
  •  手持ちのカードの合計値が21に近づくよう、且つこえない様ヒットでカードを追加したりアクションをする
  •  プレイヤーは21を超えない限り好きなだけカードを追加することができる
  •  ディーラーはカードの合計値が17を超えるまでカードを追加しなければならない
  •  カードの合計値が21を超えるとその場で負けが決定する(バースト)

ブラックジャック【Blackjack】カードの数え方

2〜9のカード:そのまま2〜9として数える

10と絵札(J、Q、K)のカード:全て10として数える

A(エース)のカード:1か11として有利な方で数える

オンラインカジノでのH2:ブラックジャック【Blackjack】の種類

・ライブブラックジャック

ブラックジャックを選ぶ以上の通りに、ライブブラックジャックをオンラインでプレイする際に、ブラックジャックのライブディーラーやトランプを配る方が見えますし、彼らとチャットもできます。

ライフブラックジャックは他のオンラインバージョンと何も違いがなく、ルールも同じです。しかし、リアルマネーのカジノでブラックジャックライブをオンラインでプレイする興奮が何とも比べられません。

因みに、「ライブブラックジャック」がプレイできるおすすめのカジノについては以外のリストをご確認ください。

Casino-X(カジノエックス), JOYCASINO(ジョイカジノ), LuckiNiki(ラッキーニッキー), Casino Secret(カジノシークレット),Jackpot City Casino(ジャックポットシティ)

・ビデオブラックジャック

ビデオブラックジャック(ソフトブラックジャック)は、ライブブラックジャックではテーブルがたくさんあるのに対して、完全にディーラーと1体1の勝負ができるゲームです。

シングルハンドまたはマルチハンドでプレイする事ができます。

基本的にビデオブラックジャックはコンピュータを相手を勝負していくので、淡々とゲームを進めていきたい方にオススメです。

ブラックジャック【Blackjack】の用語をわかりやすくチェック

【ヒット】
カードを1枚追加する

【スタンド】
カードを追加しない(現在の数値のままでディーラーと勝負する)

【スプリット】
はじめに配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、カードを2手に分けること(分けたところにも最初と同額のベットが必要)

【タブル・ダウン】
次の一手で勝てそうだと思った時に賭け金を倍にして、次のカードを1枚だけ引くこと

【インシュランス】
ディーラーの1枚目のカードが「A」だった場合に選択できるアクション。賭け金の半額をベットし、ディーラーがブラックジャックだった場合はベットが戻ってくる。

【サレンダー】
自分の持ち札が悪く勝てないと判断した時に、賭け金の半分を渡してゲームから降りること

【バースト】
カードの合計数が22以上になってしまうこと

【ブラックジャック】
はじめに配られたカードがA(エース)と10カードか絵札(J、Q、K)の組み合わせで、足した数が「21」になること