正社員を目指すために

企業、労働者どちらにもメリットがある「正社員登用制度」

正社員になることに不安を抱えている人は多いと思います。自分が続けていけるような仕事なんだろうか。会社の雰囲気はどうなんだろうか。残業が多かったりしないのだろうか…。

そのような方にとって一度アルバイトやパートとしてその会社に入り、自分の将来を実際にその会社の中でイメージできるかを確認することは、その不安を打ち消すのに大いに役に立つことでしょう。

そういった需要の増加に伴って、現在アルバイト/パートから正社員にステップするための制度、「正社員登用制度」を採用している企業はとても多くなっています。この制度は労働者側だけでなく、企業にもメリットがあります。実際働いてもらって、その企業への適応力を確認できるからです。新卒で採用してすぐに退社されると、人事計画やコストという面でも大きな損失があるので、むしろ企業の方にメリットがある制度かもしれません。

納得し正社員になる

新卒で企業に入社したはいいが、聞いていた話と違う。会社の雰囲気が合わない。残業が多すぎる、と退職者は企業を去っていきます。しかしアルバイトやパートから始めれば、その辞めていく理由のほとんどを前もって確認できます。リスクなども全て納得して正社員になるのと、あとからリスクがわかるのでは会社を続けていくための心構えに差が出るに決まっています。今後のためにもこの「正社員登用制度」のある企業でアルバイトやパートを行うのは、とても魅力的なことなのです。